前立腺がんの検査方法 前立腺がんの検査をするためには
医師による問診
前立腺がんの疑いがある場合には、まず医師より問診を受けることになります。問診はとても大切な検査方法で、検査ではわからないそれまでの病歴や、自覚症状、排尿機能についての確認や、現在治療中の病気の有無などを確認されます。問診を受ける際には、漏れなく情報を医師に伝える必要がありますので、事前に報告すべきことをまとめておくとよろしいと思います。

一般的に問診で確認されることは、「症状」頻尿や残尿感などや、日常生活での自覚症状について詳しく確認されます。「既往歴」それまでにかかった病気や、治療中の病気や症状、進行度合いなどを確認されます。糖尿病や腎臓病などが泌尿器に影響を与えている場合もあります。

「年齢・家族歴」前立腺は中高年になりますと発症しやすい病気です。従って年齢の確認はもちろん、遺伝の影響もありますので、同一家系に前立腺がんになった方の有無も確認されます。「使用薬」薬の副作用で、排尿障害が起きている可能性もありますので、排尿機能を低下させるような薬を利用しているか否かを確認します。

以上が、問診です。ほとんどの場合、問診で前立腺がんの可能性が把握できます。そして、その後はPSA検査や超音波検査、生体検査などを受けることになります。検査を受ける必要はありますが、前立腺がんの場合は、高齢で発症することも多く、また、進行度合いも遅いことから、患者によりましては、あえて治療を施さない場合もあります。

前立腺がんの検査方法
尿検査と直腸内指診
PSA検査
生体検査とCT検査
検査施設
前立腺がんの治療センター

Copyright (C) 前立腺がんの検査方法 前立腺がんの検査をするためには All Rights Reserved